名前:石立 蕗乃(いしだて ふきの)CV:高橋夕稀
性格:コロコロよく笑う。
   明るくて前向き(であろうとする)
   努力家で、結果的に優等生になっている。
趣味:テニス

主人公と同じクラスの委員長。
家はよくある中流家庭で、歳の離れた妹が二人居る。
両親は仲が良く、絵に描いたような幸せな家族。
面倒見も良く、主人公のような不登校っぽいクラスメートを放っておけない。
主人公がアルバイトをしている現場で偶然会ってから、主人公に親近感を覚えるようになる。
時々、主人公の事が気になる自分を不思議に思っていた。
名前:木立 ルス(こだち るす)CV:しまだかおり
性格:基本的に大人しい。
   意思をはっきり主張するようなタイプではない。
   場の調和を第一に考える。
趣味:クラシックの演奏、鑑賞。
   楽器はコントラバスを得意としている。

社長令嬢で、資産家の娘。
男子からは人気があるが、女子からは少し敬遠されている。
資産家である上に男子からの人気も高いので、嫉妬の対象となっている。
蕗乃は同じ生徒会の先輩にあたる。
ルスの中には、もっとしっかりとした大人の女性にならなければ、という思いがある。
しかし危機感だけが先行しており、自分でもどうすればよいのか分かっていない。
しかしその反面、無意識下には自分の繊細で無邪気な部分を誉められたいという願望がある。
名前:葦原 圭那(あしはら けいな)CV:唯川みき
性格:基本的に楽天家。
   ドジっ娘な上、不幸娘。
趣味:水泳(ヘタ)

主人公と同じタイプの問題児で、出席日数の足りない問題児として有名な娘。
本人の記憶には無いが、両親に捨てられて孤児院で育てられた。
育った孤児院の環境は劣悪で、虐待を含む行き過ぎた教育を受けていた。
その為、自分の置かれている状況を乖離的な見方をするようになっている。
性格は変わっており、つかみ所がない変人だと思われている。
しかしその裏には、とても暗く辛い過去に蓋をしなければ前に向かって歩いていけないから…という背景がある。
主人公とは同じクラスではない。
他のヒロインとはどこか違う雰囲気を持っている。
名前:川岸 夏凛(かわぎし かりん)CV:桜井薔子
性格:しっかりしている。
   聡明で、判断力と決断力がある。
   献身的に相手に尽くす性格。
趣味:料理

男子からの絶大な人気を集める保険医。
性格は聡明で、大人の雰囲気を持つ。
現在はまだ独身だが、既に婚約しており二ヶ月後に結婚式を予定している。
相手は学生の時分からの知り合いで、大恋愛の末に婚約に至った。
表裏はあまり無く、誰からも信頼されやすいタイプ。
そして、好きになった相手にはとても甘え上手になる。
恋人には「可愛い自分の姿」をさらけ出してくれる大人の女性。
滝川琴音の事は昔の自分を見るようで、ついつい世話を焼いてしまう。
名前:薪川 瑞柄(まきかわ みずえ)CV:桐山みなえ
性格:常に努力家で、いつも元気に振舞う(でもトロい)
   落ち込んでる時などは、特に元気に振舞おうとする。
   温和で愛情豊か。
趣味:読書

主人公のクラスの担任の先生。
夏凛と同期で学園に勤めることになり、同じ学園の卒業生でもある。
お世辞にも担任を任せられる先生とは言えず、トロい性格でよく生徒からからかわれている。
クラスの中ではマスコットキャラのような存在。
表情豊かで、柳の木のように折れない心を持っている。
マイペースに見えるが、とても努力家。
両親が早くに亡くなり、祖父母の家で育つ。
弟が居たが、数年前に重い心臓病で他界。
友人達と楽しい旅行の末に帰ってきた瑞柄を待っていたのは、変わり果てた弟の姿だった。
瑞柄はその姿を、直視することが出来なかった。
今も彼女はその時の自分を責めている。
森涼を心配しているが、その気持ちは亡くなった弟を想う気持ちに似ていると自覚している。
名前:滝川 琴音(たきがわ ことね)CV:桐山みなえ
性格:行動的で、活発、思った事は既に口から出ているタイプ。
   嫌疑的で、つい天邪鬼な行動をとってしまう。
   根は優しいが、それを表現する術を知らない。
趣味:サッカー等のスポーツ全般

いわくつきで有名な成り上がりの不動産屋の娘。
そういった背景は周知の事実であり、見た目も派手な為に敬遠されがち。
それならば一層と思って更に派手な格好をしているが、心の底からこのような格好をしたいと思っているわけではない。
思ったことをすぐ口に出すが、心根は優しい天邪鬼な性格。
同じ目線で話してくれる高原を心から愛しているが、その表現の仕方がわからず素直になれずにいる。
高原と琴音を最初に引き合わせたのは主人公だが、本人にはその記憶がない。
名前:森 涼(もり すず)CV:野中くるみ
性格:どちらかというと内向的。
   常に何かから怯えてる風で、
   それを周囲に悟られないようにと努力する。
   自分の存在を希薄に感じている。
趣味:茶道・華道

性別は一言で言うには難しく、いわゆる半陰陽、両性具有、ふたなりと同じ。
両親の都合で、世間的には男の子で通っている。
しかし心は女なのでその葛藤に苦しんでいる。
だから、本当はありのままの自分を受け入れてくれる人を求めている。
あることがあって以来、蕗乃のように分かりやすい形ではないが主人公の事を気にかけている。
自分の身体のことや家の問題、様々な事に気を遣ってくれる瑞柄に感謝している。